自動車の供養

廃車の取り扱いについて教えます

廃車手続きができる場所とは

廃車手続きができる場所とは

自動車も耐久消費財のひとつです。
長年にわたって乗っています車ですが、新車の購入などで廃車にする場合があります。
大半のケースでは業者に依頼する方が多いですが、手数料が入用になります。
この費用の節約のために車の持ち主自身でも出来ます。
廃車手続きをご自身で行う場合、まず、自動車解体業者に車を引き渡して車両を処分し、その後、様々な必要書類やナンバープレートを揃えます。
普通自動車の場合の手続きの場所については、管轄の運輸支局になります。
そして、軽自動車の場合は管轄の軽自動車検査協会になります。
それらの場所の窓口で取得できる書類の永久抹消登録申請書、手数料納付書、自動車税、自動車取得税申告書などに必要事項を記入して、全て提出することで廃車することが出来ます。
そして、これらの手続きをする際には実印、自動車検査証、自賠責保険証明書、リサイクル券、印鑑証明書、本人確認書類などが必要となります。
廃車の手続きを代行業者に依頼すると1万円以上要求されますので、運輸支局や軽自動車検査協会などに問い合わせて、自身でおこなうのも節約になります。

大型車の廃車手続きができる場所とは

廃車には理由があって長期間その車に乗らない場合の「一時抹消登録」と、二度とその車に乗らない場合の「永久抹消登録」の二種類があります。
一般的に廃車とは「永久抹消登録」のことを指します。
車を廃車にするためには、解体業者に持って行きスクラップにしてもらい、その後各都道府県の運輸支局に行き手続きを行います。
大型車の場合も普通車の場合と手続きの流れに大きな違いはありません。
まずナンバープレートを外し、解体業者にスクラップにしてもらった後は永久抹消登録の手続きに必要な書類を持って運輸支局に行き、窓口でナンバープレートを返納し、申請書類を作成し印鑑証明と一緒に提出してください。
永久抹消登録の手続きが終了すると、廃車証明が発行されるので、大切に保管しておきましょう。
また、自動車税停止の手続きを行わないと、税金の納付義務はそのまま継続となりますので、忘れずに自動車税事務所へ行って手続きを済ませておいてください。

Copyright © 2016 廃車について All Rights Reserved.