自動車の供養

廃車の取り扱いについて教えます

廃車を購入するさいの注意点

廃車を購入するさいの注意点

廃車といってもさまざまですが、自動車として形が残っている限りは、購入して再び走らせることが可能です。
しかし、廃車置場に置かれている自動車の多くは走行が困難なため置かれていることが多く、実際に購入して走らせるようにするには相応の費用が掛かるので注意が必要です。
もちろん、自身の手で修理するといった楽しみもありますが、型式の古い自動車では部品を集めるだけでも一苦労することになりますし、車検に通すためのハードルも高く、車検費用も経年を理由に高く設定されることになります。
廃車を購入するさいにはできる限り状態の良いものを選ぶ必要があります。
多くは長い間留置されている間に部品取りとして使われているケースもあり、そのような自動車では車検を通すためにの修理費も大きくなるデメリットがあります。
また自走できない場合にはレッカーで修理工場まで運ぶ必要がありますし一時抹消登録されていれば再登録する必要があるなど通常の中古車を購入するよりも費用が高くなる可能性があります。

軽自動車を廃車にするための必要書類

廃車の手続きをする場合、普通乗用車であれば、管轄の運輸支局または自動車検査登録事務所となりますが、軽自動車であれば、軽自動車検査協会に対して行うという、そもそもの違いがあります。
その他の廃車の手続きに関しては、両者ともそれほど大きな違いはないものの、軽自動車のほうが、やはり手続き的に簡略化されているといえます。
この手続きの際に必要となるものですが、所有者の認印、車検証、前後のナンバープレート、移動報告番号と解体通知日がわかる書類、自動車リサイクル券、自賠責保険証明書、マイナンバーがわかる書類などとなっています。
普通乗用車であれば実印や印鑑登録証明書が求められますが、軽自動車の場合は単なる認印で、印鑑登録証明書も不要であるというところで、わざわざ市町村役場まで書類を取りにいかなくてすみます。
マイナンバーについては、次回の車検までの残機間がある場合で、自動車重量税の還付を受けるにあたって必要となります。

Copyright © 2016 廃車について All Rights Reserved.